• ドローンの楽しみ方はさまざま

    最新のドローンの楽しみ方について紹介しています。

レースに参加するには

ドローンレースが活発に行われていることから、ドローンレースに参加したいと考える方は多いことでしょう。そのためにはレースで使うためのドローンが欠かせません。ドローンの目的はさまざまで空撮のために使うドローンもありますが、こういったドローンはレースに向いていないので注意しましょう。

空撮用は2.4GHzという電波帯を使用しており、この電波帯のドローンは操作をする上でタイムラグが発生することがあるのです。ドローンレースはコンマ数秒の差が影響しますので、このタイムラグは致命的な問題となってしまいます。そのため、ドローンレースに適したドローンを選びましょう。ドローンレースに向いたモデルは5.6~5.8GHzの電波帯を使用しており、タイムラグが少ないことから機敏な動きが可能となっています。

しかし、こういった電波帯のドローンを操作するには、第4級以上のアマチュア無線技師の資格が必要になりますので注意しましょう。この電波帯はそれだけ専門的な分野なのです。アマチュア無線技師の資格を取得したいのであれば、国家試験を受験する、講習会を受講する、などの方法があります。そのため、ドローンレースに参加したいと考えているのであれば資格を取得してください。